↑出版物情報(最新)へ

過去の出版物一覧<1> 平成19(2007)年 〜平成21(2009)年

−平成21(2009)年−
 書籍名または掲載誌名  インタビュー関係の情報で表示しています。  発売日
または掲載日
 出版社

Gegege no Kitaro 2(「ゲゲゲの鬼太郎2」韓国版)

12 

AK Communications  

大人ファミ 妖怪漫画特集ページにインタビューが掲載

年末特大号

エンタープレイン 

本の旅人 水木のインタビューが掲載

12

角川書店

ゲゲゲの鬼太郎 おばけ塾 妖怪大相撲の巻 コミックが原作の児童向け小説)

1215 

角川書店(つばさ文庫 

水木しげるのふしぎ妖怪ばなし8 「ゲゲゲの鬼太郎と妖怪ドライブ」(児童向き絵ばなし)

124 

メディアファクトリー

屁のような人生  水木しげる生誕八十八年記念出版 初回限定3500部シリアル入り

121 

角川書店

しあわせ食堂 (武内ヒロクニさんと毎日新聞夕刊編集部著 水木の記事が掲載)

117

光人社 

Gegege no Kitaro 1(「ゲゲゲの鬼太郎1」韓国版)

10

AK Communications 

妖鬼化(ムジャラ)【完全版】 ヨーロッパT 妖怪原画集+DVDセット第8 1巻〜7巻は既刊)

1023

ソフトガレージ 

妖棋死人帳 長編時代ミステリー 貸本の復刻版 

1019

小学館

ほんとうの時代 (いい言葉、いい人生) 20057月号の水木のインタビューが掲載

10月増刊号

PHP 

水木しげる 超千頁[上・下] (ジャンルを問わず水木作品を楽しむことができる1000ページ)

910 

INFASパブリケーションズ 

水木しげる「奇談 貸本・短編名作選」異形の者・吸血鬼 (貸本時代の短編集。文庫)

823

集英社 

日本軍人列伝(特別インタビューとして2006年の水木の記事が掲載)

818

宝島社

水木しげるのふしぎ妖怪ばなし7「ゲゲゲの鬼太郎とオベベ沼の妖怪」(児童向き絵ばなし)

731

メディアファクトリー

昭和二十年夏、僕は兵士だった(梯久美子氏による戦争ノンフィクション 水木の記事が掲載)

731

角川書店 

怪獣ラバン(昭和33年に出版されたマンガの復刻版)

722

小学館

水木しげる[魍魎(もうりょう)貸本・短編名作編] 地獄・地底の足音 (貸本時代の短編集。文庫)

722

集英社

ゲゲゲの鬼太郎 おばけ塾 豆腐小僧の巻 コミックが原作の児童向け小説)

715

角川書店(つばさ文庫)

最後の日本人(『婦人画報』連載・斎藤明美氏によるインタビュー記事の単行本化・2005年の水木の記事が掲載)

7月13

清流出版

お笑いチーム(昭和33年に刊行された貸本マンガの復刻。怪奇ものではない水木の珍しい初期作品) 

619

小学館

鈴の音 (昭和37年に出版された怪談。当時の貸本の体裁そのままに復刻

525

小学館

鬼婆婆與孩子王(「のんのんばあとオレ」台湾版

51

遠流博識網
YLib)

水木しげるのふしぎ妖怪ばなし6ゲゲゲの鬼太郎と妖怪タイムマシン」(児童向き絵ばなし)

424

メディアファクトリー

ハイパーホビープラスvol.6 (次女悦子と水木の親子対談・朝日賞受賞スピーチ掲載)

420

 徳間書店

昭和を語り継ぐ〜戦争を乗り越えて〜(戦争体験をした著名人12人が自らの体験を語る全12巻のCD

3 

ユーキャン

3, RUE DES MYSTERES 2 (水木の短編集・フランス語版)

3

Cornelius

朝日新聞「妖怪漫画を聞いて育った境港市」(水木がふるさとを語る)

215

朝日新聞社

週刊朝日「昭和からの遺言」

213日号

朝日新聞出版

週刊プレイボーイ「世の中への興味がなくなっちゃったカンジだけど、今が一番シアワセ」

29日号

集英社

日刊ゲンダイ 「新春インタビュー腹が減っても人は死ねない」

11

日刊現代

文藝春秋「人生最良のとき」(水木は「今」が人生最良のときだと言う)

2月号

文藝春秋

水木しげる「妖奇」「怪異」貸本・短編名作選(水木しげる貸本時代の短編集。文庫。「怪奇」「恐怖」)

118

集英社

ゲゲゲ妖怪百物語〜水木しげるの世界〜2004年に発行された「別冊宝島」ムックの文庫版)

11

宝島社

ハイパーホビープラスvol.5 (水木について娘2人が語る・米寿記念カレンダー紹介)

11

徳間書店 


−平成20(2008)年−
書籍名または掲載誌名 インタビュー関係の情報で表示しています。   発売日または掲載日  出版社
原寸大漫画館 水木しげる
(水木漫画を原稿そのままの原寸で再現。鬼太郎をはじめ5つの短編を収録)
12月31日 小学館
駆逐艦魂(昭和30年代に出版された貸本戦記漫画を出版当時の体裁そのままに復刻) 12月27日 小学館
BRUTUS TRIP 04 「アザーサイド水木しげる」(水木を様々な側面から紹介) 11月末 マガジンハウス
婦人画報「家族の時間」(水木しげると家族が語る) 12月号 アシェット婦人画報社
怪奇猫娘 (1950年代に出版された水木のスリラー漫画。当時の貸本の体裁そのままに復刻) 11月30日 小学館
水木しげるのふしぎ妖怪ばなし5「ゲゲゲの鬼太郎ときょうふの昆虫軍団」(児童向き絵ばなし) 11月14日 メディアファクトリー
火星年代記(昭和30年代に出版された貸本漫画を出版当時の体裁そのままに復刻) 11月1日 小学館
OPERATION MORT(「総員玉砕せよ!」フランス語版) 11月 Cornelius
小説ゲゲゲの鬼太郎
(昭和50年頃、講談社X文庫で出版された小説を新書版で復刻 上下2巻) 
10月15日 講談社
水木しげる戦記選集 鬼軍曹(短編戦記漫画の他、海軍に従軍した水木の兄との対談) 10月16日 宙出版
ハイパーホビープラスvol.4 (中川翔子さんと水木が対談) 10月1日 徳間書店 
北日本新聞夕刊 地球と踊る パプアニューギニア
(「この世の楽園」と題して水木のコラムあり
9月8日 北日本新聞
水木しげる妖怪傑作選 縄文少年ヨギ(コンビニ版) 9月11日 中央公論新社
読売新聞夕刊popstyle ゲゲゲの放談七変化(中川翔子さんと水木が対談) 9月3日 読売新聞社
がんばるなかれ(水木のホッとする名言をまとめた) 9月25日 YMブックス
妖怪散歩
(昨年出版された「The art of 水木しげるロード」のカバーを変えて販売。従って中身は全く同じ)
9月25日 YMブックス
地獄の水 (1950年代に出版された水木のスリラー漫画。当時の貸本の体裁そのままに出版) 8月26日 小学館
水木しげる 妖怪コレクション (昭和40年代の短編をまとめた。文庫版) 8月25日 双葉社
朝日新聞夕刊「追憶の風景」(水木が片腕を失った激戦地、ラバウルについて語る) 8月12日 朝日新聞社
水木しげる妖怪傑作選 不思議な手帖 (コンビニ版) 8月7日 中央公論新社
ゲゲゲの鬼太郎 妖怪大集合MAP(妖怪160種を紹介。オールカラー。子供向き) 8月11日 主婦と生活社
総員玉砕せよ!(コンビニ版) 8月16日 集英社
週刊朝日 「親子のカタチ 水木しげる×水木悦子」(次女・悦子との親子対談) 8月8日号
水木しげる戦記選集 「大空戦」(貸本時代の戦記作品中心の短編集) 7月31日 宙出版
ゲゲゲの鬼太郎 (この夏公開の松竹・鬼太郎映画に合わせて編集。コンビニ版) 7月9日 講談社
水木しげる妖怪傑作選 コロポックルの涙 (コンビニ版) 7月10日 中央公論新社
週刊モーニング「ペンギン大図鑑」(水木が描いたペンギン「ペンちゃん」が登場) 講談社
SPA!「ウソでもいいから希望があれば人は解放される」(水木が現在を語る) 7月8日号 扶桑社
妖怪「対比」図鑑(水木の「妖怪画」と「漫画」に登場する妖怪を比較) 7月25日 YMブックス
ハイパーホビープラスvol.3(映画やアニメ、フィギアの紹介等。佐野史郎氏と水木の対談もあり) 7月1日 徳間書店 
河童千一夜(水木作の河童にまつわる漫画を集めた) 6月30日 朝日新聞出版
SWITCH「それぞれの未来地図〜水木しげる 妖怪が住む暗闇の世界〜」 7月号 スイッチ・パブリッシング
本の旅人「水木サンだって死ぬのは怖い」(水木の戦争体験) 6月号 角川書店
メンズノンノ「水木サンは根がどうも勤勉らしいね(笑)」(水木が人生を語る 7月号 集英社
水木しげるのふしぎ妖怪ばなし「ゲゲゲの鬼太郎と妖怪ガマ先生」(児童向き絵ばなし) 6月6日 メディアファクトリー
ぐりーん・もあ「妖怪を見るにも森林を楽しむにもまずはゆったりと生活することが大事 6月(42号) 環境庁
知るを楽しむ〜人生の歩き方 水木しげる「100歳まで生きるでしょう」(テキスト) 5月末 NHK出版
悪魔くん(「少年マガジン版悪魔くん」と「悪魔くん千年王国」を1冊にまとめた) 5月16日 講談社
妖怪大画報(1960年代少年マガジンに掲載された口絵をまとめた) 5月16日 講談社
神秘家水木しげる伝(角川書店「怪」に連載されたものをまとめた) 4月30日 角川書店
水木サンの猫(水木が過去に書いた猫をテーマにした短編を集めた。文庫) 5月9日 講談社
水木しげる「怪奇」貸本名作選
水木しげる「恐怖」貸本名作選 (水木しげる貸本時代の短編集。文庫。全2巻)
4月23日 集英社
ハイパーホビープラスvol.2(境港など水木のルーツをさぐる特集。南伸坊氏と水木の対談もあり) 4月1日 徳間書店
水木しげるのふしぎ妖怪ばなし3「ゲゲゲの鬼太郎とゆうれいテレビ局」(児童向き絵ばなし) 3月14日 メディアファクトリー
ゲゲゲの妖怪ずかん2(幼児向け妖怪図鑑。昨年8月に出版されたものの続編) 3月末 小学館
Planted (水木がジャングルについて語る) 3月末 毎日新聞社
ゲゲゲの女房(水木の妻が水木と過ごした数十年間を妻の視点から書いた) 3月6日 実業之日本社
お父ちゃんと私(水木の次女・悦子が娘の目から見た水木を描いたエッセイ) 3月8日 YMブックス
鬼太郎の天国と地獄(入門百科シリーズ復刻。1985年刊) 2月25日 小学館
ぼくは妖怪博士(入門百科シリーズ復刻。1989年刊) 2月25日 小学館
原画集+DVD「妖鬼化」(原画集と、動く妖怪画DVDのセット。書店売り) 1〜2巻 1月25日
3〜4巻 3月21日
ソフトガレージ
毎日小学生新聞「あの人に会った」(小学生記者が水木にインタビュー) 1月13日 毎日新聞社
山陰中央新報「今年はオイラが主役」
(今年は子年=ねずみ男年ということで、ねずみ男に関するインタビューと水木直筆のねずみ男書き下ろし画)
1月1日 山陰中央新報社
スポーツ報知「ニッポン人」
(今年は子年=ねずみ男年ということで、ねずみ男に関するインタビュー)
1月8日 報知新聞社
ダ・ヴィンチ「鬼太郎と水木しげる」(水木と、水木の妻のインタビュー) 1月6日 メディアファクトリー
KITARO le repoussant 3,4 (鬼太郎フランス語版) 1月 Cornelius

 

−平成19(2007)年−
 書籍名または掲載誌名 インタビュー関係の情報で表示しています。  発売日または掲載日  出版社
水木しげる妖怪傑作選(96年に刊行された“異界への旅”をタイトルを変えて復刊全4巻。毎月1巻ずつ刊行。第1巻テレビくん 第2巻ヘンラヘラヘラ 第3巻怪物マチコミ 第4巻コケカキイキイ)  11月25日より 中央公論新社
KITARO DEI CIMITERI 2,3 (鬼太郎イタリア語版) 12月 D-Visual
ああ太平洋(水木しげる貸本漫画時代の戦争漫画、短編集。上下刊) 12月11日 宙出版
水木しげる妖怪ポストカード文庫(妖怪画が絵葉書に。妖怪の解説付き) 11月26日 講談社
水木しげるのふしぎ妖怪ばなし1,2 (児童向き絵ばなし。「1.よみがえった恐竜」「2.妖怪ラーメン」) 11月30日 メディアファクトリー
のんのんばあとオレ
(アングレーム国際漫画賞グランプリ受賞記念。フランス語版と同じ装丁での限定愛蔵版。シリアルナンバー入り)
10月25日 角川書店
日本妖怪大百科(日本の妖怪を様々な角度から楽しむ雑誌。毎月刊。全10巻のうちvol.1と2を先行発売) 10月25日 講談社
ハイパーホビープラスvol.1(オリジナル目玉おやじブロンズ像を誌上限定販売。荒俣宏氏と水木の対談もあり) 11月1日 徳間書店
FRIDAY「漫画オタクの女子プロゴルファー三塚優子プロ水木しげる氏と感激の初対面!」 11月23日号 講談社
不思議ナックルズvol.12「水木しげるの穏やかな日々」(水木をよく知る大泉実成氏がインタビュー) 12月5日号 ミリオン出版
縄文少年ヨギ(大きなA5版での復刻) 10月18日 マガジン・ファイブ
妖怪のまち境港 公式ガイドブック(「妖怪の境港」初めての観光ガイド) 10月2日 実業之日本社
ああ玉砕 -水木しげる戦記選集- (水木の戦記シリーズ。全4巻発行予定) 8月16日 宙出版
死神大戦記(初の文庫化) 8月25日 角川書店
朝日新聞夕刊「ぬりかべ実はこんな姿」(江戸時代に書かれたぬりかべの絵がアメリカの大学で発見された) 8月4日 朝日新聞社
水木しげるの鬼太郎ぬり絵(アニメ版ではなく、水木が描く鬼太郎のぬり絵) 8月1日 小学館
ゲゲゲの妖怪ずかん(幼児向けの妖怪図鑑。小さい絵本のような作り) 8月8日 小学館
中日新聞夕刊「あの人に迫る」(水木の戦争体験と、今に生きる人への水木からのメッセージ) 8月10日 中日新聞
総員玉砕せよ!(コンビニ版) 8月11日 集英社
ゲゲゲの鬼太郎 遊BOOK(丸ごと1冊鬼太郎で遊べる付録付き。アニメバージョン) 8月1日 講談社
ゲゲゲの鬼太郎妖怪パーフェクトBOOK 日本妖怪探検(4月25日刊行のパーフェクトbookの続巻) 7月25日 講談社
悪魔くん(少年マガジン版。1960年代に連載された作品。トビライラスト27枚を収録) 7月26日 チクマ秀版社
のんのんばあ「おばけどろぼう」(1976年に出た絵本の復刻)  8月10日 文研出版
いきいき「漫画家水木しげるさんの戦争と幸福」 8月10日 ユーリーグ
少年文芸 vol.3 (水木の漫画「金太とピン子」を収録) 8月15日 新風舎
図説 日本妖怪大鑑(1994年に刊行された「続・日本妖怪大全」の文庫化) 7月20日 講談社
水木版 妖怪大戦争(昨年出版された単行本の文庫化。荒俣宏氏原案) 7月25日 角川書店
ゲゲゲの鬼太郎総集編(コミックボンボン8月号増刊。ほしの氏の鬼太郎と水木の鬼太郎を半分ずつ掲載) 7月中旬 講談社
妖怪・神様に出会える異界(97年にPHPより出版された「妖怪・土俗神」の加筆・再編集) 8月3日 PHP
鬼太郎国盗り物語(新書版。4月に角川書店から文庫で出版されたものと同内容) 7月20日 講談社
完全復刻版 妖奇伝 (貸本の復刻。箱入り豪華装丁) 7月 YMブックス
The art of 水木しげるロード(水木ロードのブロンズ像写真と水木の妖怪画を組み合わせて紹介) 7月9日 YMブックス
クロワッサン「わたし きのうきょうあした」 8月10日 マガジンハウス
ビッグイシュー日本版 「水木しげるの「妖怪の町」をたずねて」 7月1日(75号) ビッグイシュー日本
フィギュア王「ゲゲゲの鬼太郎特集」(鬼太郎のアニメ、グッズ紹介の他、水木のインタビューも) 6月末 ワールドフォトプレス
日本経済新聞「心の玉手箱」(水木が大切に思っているものを紹介。5日間連載) 6月25日〜29日 日本経済新聞社
悪魔くん 貸本版 (カバー・カラーページも全て再現。東考社版) 6月18日 チクマ秀版社
ああ特攻 (いろいろな漫画家の戦記漫画を掲載。水木の「沖縄に散る」を収録) 5月3日 宙出版
水木しげるホラー劇場(20話の短編集。コンビニ版) 6月16日 集英社
R25「水木しげるの人間的深さに思いを馳せる」(水木の紹介、近況など) 5月18日 リクルート
鬼太郎夜話(コンビニ版) 5月 集英社
毎日新聞夕刊 「水木しげるさんの妖怪ワールド」(のんのんばあやお化けについて) 5月9日 毎日新聞社
鬼太郎夜話(コンビニ版) 5月 集英社
ゲゲゲの鬼太郎妖怪パーフェクトbook(コミックボンボンで連載されていた「妖怪ファイル」) 4月25日 講談社
鬼太郎国盗り物語(10年ほど前コミックボンボンで連載されたものを文庫化。毎月25日発売全3巻) 4月25日 角川書店
水木サンの幸福論(平成16年に日本経済新聞社から出版されたものを再編集して文庫化) 4月25日 角川書店
私の好きなお国ことば(水木の故郷境港の言葉「がいなもん」を紹介した水木のエッセイを掲載) 4月16日 小学館
鬼太郎の妖怪旅行1,2(昭和60年に刊行された入門百科シリーズの復刻) 4月17日 小学館
ゲゲゲの鬼太郎 (実写映画シナリオの元となった原作のタイトル。コンビニ版) 4月11日 講談社
ゲゲゲの鬼太郎chukoコミックlite special (コンビニ版。2巻ずつ毎月10日発売全8巻 4月10日 中央公論新社
weeklyぴあ「ゲゲゲの鬼太郎のすべて」水木しげる〜アニメ〜映画で探る 4月5日 ぴあ
図書岩波文庫創刊80年記念 私の3冊〜(水木が勧める岩波文庫の2冊は「ゲーテとの対話」「椿姫」)  4月臨時増刊 岩波書店
高校1年生美術教科書「美・創造へ」(鬼太郎の「鯨飛行船」が載っている) 1月(4月より使用) 日本文教出版
ゲゲゲの鬼太郎(少年マガジンオリジナル版。全5巻。文庫) 4月2日 講談社
水木しげるの立体妖怪図鑑(「きさらぎ妖怪舎」が作った妖怪フィギュアの写真集) 4月 小学館
戦争体験の労苦を語り継ぐために「平和の礎 選集3」
(戦争体験の手記に水木が書き下ろし表紙画・挿し絵を提供。非売品)
6月 平和祈念事業特別基金
帝都幻談(荒俣宏氏の著書に水木が書き下ろし表紙画・挿し絵を提供。上下巻) 3月30日 文芸春秋
ゲゲゲの鬼太郎 妖怪千物語(ボンボンに連載されたほしの竜一氏作画の単行本1〜4巻) 3月16日 講談社
ぞくぞく ぞぞぞ(九州博物館所蔵の化物絵巻を絵本に。巻末に水木インタビュー) 3月15日 フレーベル館
サンデー毎日「創刊85周年記念特集」(サンデー毎日と水木は同じ歳だった・・・) 4月3日 毎日新聞社
文芸春秋 特別版 「日本人と宗教」(仮) 5月27日 文芸春秋
朝日新聞夕刊「人生の贈り物」(月〜金5日間に渡って水木の半生・人生観を紹介) 4月2日〜6日 朝日新聞社
朝日新聞「鬼太郎復活」(鬼太郎実写映画と新テレビアニメについて) 3月28日 朝日新聞社
未来創作(2人の写真家による水木ポートレート競作) 5月 新風舎
のんのんばあ「カッパの水」(1975年に文研出版から出た絵本の復刻) 4月末 ビリケン出版
ふくろう通信(ハリーポッターに出てくる呪文「アバダケダブラ」のイメージでの書き下ろし画)
3月下旬 スピカ
(一般書店での販売はない)
ゲゲゲの鬼太郎(以前中央公論新社から出た「ゲゲゲの鬼太郎愛蔵版」の中から、講談社
少年マガジン版鬼太郎のタイトルを除いたものを掲載。全9巻毎月1巻ずつ25日に発売。文庫。)
2月25日 中央公論新社
読売新聞「顔」(フランスでの最優秀コミック賞受賞について) 2月17日 読売新聞社
STUDIO VOICE「伝説のクリエイターたち」98年の水木インタビューを再掲載 3月号    INFASパブリケーションズ
諸君!「いじめをどう考える」 3月号(2月1日発売) 文芸春秋
ちいさいおおきいよわいつよい 「免疫力・自然に治る力って?」 56号(2月25日発売) ジャパンマシニスト
妖怪クイズ大百科 (25年前の入門シリーズ復刻版) 1月1日 小学館
妖怪まんが 鬼太郎 (20年前の入門シリーズ復刻版) 1月1日 小学館
ゲゲゲの鬼太郎マニアックス(アニメ版の解説本。水木のコメントもあり)   1月1日             一迅社           

↑このページのトップへ